2010年07月21日

八田二郎(マッド・ハッター・ジローラモ)

hatter200.jpg

八田二郎

通称「帽子屋」

子どもの時に自分の背中にリチウムバッテリーのカバーが付いている事に気づき、自分の出生に疑問を持つ。それ以来、あらゆる事に疑いを抱き、この世界は「幻」ではないかと妄想するようになる。

この世が幻覚かどうかを確かめる旅をロンドンを起点にスタートするが、結局、なにがなんだかわからなくなってきている。

学生時代にT-REXの音楽で覚醒し、自分の背の高さをカバーする意味もあり常に高さのある帽子をかぶるようになった。その事から「ハッター」と本名で呼ばれる事や「帽子屋」と和訳されて呼ばれる事もある。

本人は「不思議の国のアリス」にも登場したと言っている。
白塗りのメイクで登場することが多く、自分では紫外線対策のつもりらしい。
友人は数少なく、そのほとんどは昆虫だといわれている。

口癖は

「僕は生まれてきたくて生まれてきたんじゃない」

「なんでうちの家は貧乏なんだ」

「カレーはどうしてからいんだ」

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。