2010年08月08日

洗足池の緑の河童

sen-kappa2.jpg

洗足池の緑の河童=蒲口木乃伊(がまぐちみいら)の生前の姿


「おっ、お父さん、こんなところで何してるの!」

「夜は洗足池で専属の河童として暮らしている
昼間は神社の弁財天として座っているが
お賽銭がけっこうすごいんじゃ
たまに2000円札もあるし」

「弁財天って女神様よ」

「大丈夫じゃ、今、カミングアウトするが
父さんには女装の趣味があるんじゃ
だからメイクもばっちり完璧なのよ」

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

フルカラーの弁財天

benten.jpg

弁財天(弁天様)、インドの女神サラスワティ。
洗足池の弁天様は、おかっぱ頭でマーチンD-28を持っているとされる。

洗足池の底はアイルランドとつながっているらしく
蒲口木乃伊(がまぐちみいら)の運命と大きな関わりを持つこととなる。

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

闇色のチェルシー猫

chesha3.jpg

闇色のチェルシー猫

「チェルシー猫さん、父が行方不明になったの
ここらで見かけなかったかしら
昼間はおかっぱの弁天様、夜はカッパの姿をしているの」

「テムズ川にはカッパは住んでないからなあ
まあ、居ると思えばどこにでも居るし
居ないと思えばどこにも居ない
人間なんてそんなもんさ」

そう言うと、猫はチェルシー公園の夜の闇の中に
フェードアウトしていきました

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

灰色のストーンヘンジ

hatter-stone400.jpg

灰色のストーンヘンジ

「ああ神様、僕の人生は間違っていました
上の天使たちの住んでいるレイヤーにも行けないし
下のゴブリンのレイヤーにも行けない
この人間世界で、人間にもなれず
中途半端なままです
本当の幸福はどこに有るのですか」

ストーンヘンジの灰色の石たちは
野原の中に無言で立っているだけだった
風だけがひゅーひゅーと何か答えを言っているようだった

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

風は秋色

hatter-engawa400.jpg

風は秋色

「えっ、二郎ったら、今日はストーンヘンジまで行ったんですって
気を付けなさいよ、バッテリーが持つのは4時間ですからね」

「わかってるよ、バッテリーで動いてるこの体とメモリーのデータが
八田二郎の仮の姿なんだろ
じゃあ、本当の八田二郎はどこにいるんだよ
僕なんか生まれてこなきゃよかったよ」

「二郎ったら、母さんに向かってなんて口のききかたするの!
メモリーの中身が八田二郎、あなたよ
本当の八田二郎なんてどこにもいないわよ
たとえばさあ、田中角栄なんていう政治家、本当にいたのかどうかもう誰も
わかんないでしょ、でも地デジのメモリーには時々保存されてるのよ
それが田中角栄よ」

「なんなんだ、そのモナカカクテキって、食べたらおいしいのか」

「だめでしょ、そんなにアリさんを踏み潰しちゃ
アリさんには命があるのよ、あなたと違ってね
ほら、風鈴の音色も秋のトーンに変わってきたわ
はやく、夏休みの宿題を済ませなさいよ
来週からコートダジュールにリゾートに行くんだから」

遠くでは鳴き方を覚えたばかりのツクツクボーシがぎこちない
夏のエンドロールを流していた
そういえば風は秋のウコン色になってきたようだ

今日の晩御飯はカレーのようだ

そういえば昨日もカレーだった

おとといもカレーだったよな

「カレーはなんで辛いんだ〜」

そう言ったとたん、リチウムポリマーバッテリーの電圧が低下し

八田二郎は気を失った

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

ブルーヘヴン

enosima-maya400.jpg

ブルーヘヴン


気がつくと目の前に水色の海が広がっていた

「kiss in blue heaven もっと遠くに〜

kiss in blue heaven 連れていって〜」

誰かが松田聖子の歌を歌いながら近づいてくる


「八田君、いつまで寝てんのよ

真っ黒に日焼けしちゃうわよ

日焼けした健康なマークボランなんて似合わないじゃん」


「マヤさん、なんでここに居るの?」


「なんでって、君が昨日、電報くれたじゃん

『アス コートダジユール デ マツ テレグラム サム』

って、あの電報は君でしょ

今日が私たちの初デートってわけね」


「コートダジュールって、ここは江ノ島じゃないのか」


「どこでもいいのよ、恋は水色なら、そこがコートダジュールなのよ」


天使か妖精みたいな笑顔のマヤさんが目の前に居る

ここは天国なんだろうか

この風景は何度も見たような気がする

夏の終わりはいつもこんなもんだ

何かが終わっていくさびしさと

永遠に終わらないなつかしさと

色々な色が混ざってちょうど雨上がりの虹みたいだ

これもまた目が覚めるまでの夢かもしれないけど

まあいいや

幸福な夢なら夢のままでいいや


「八田君も泳いでみたらいいんだよ
きっとUSBメモリーの中だけが世界じゃないと思うよ」



 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

クリムゾン ムーン

crimsonmoon2-400.jpg

クリムゾン ムーン


今夜は月がとっても赤いから、遠回りして帰ろう

夏の終わりの路上ライブといくか


♪世界はみんなロックンロールだにゃ♪

♪20世紀にゃみんな少年だったのににゃ♪

♪21世紀にゃみんなジジイだにゃ♪


♪20世紀のオモチャさ♪

♪21世紀のアンドロイドさ♪

♪20世紀のオモチャさ♪

♪21世紀のアンドロイドさ♪


♪世界はみんなロックンロールだにゃ♪

♪クリムゾンの月の下をにゃ♪

♪猫みたいに走っていたいんだにゃ♪


♪20世紀のオモチャさ♪

♪21世紀のアンドロイドさ♪

♪20世紀のオモチャさ♪

♪21世紀のアンドロイドさ♪


作詞・作曲(C)八田二郎 八田音楽事務所

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

時間(トキ)色ねじまきクロックムッシュ・弐号機

clock2gouki-400.jpg

時間(トキ)色ねじまきクロックムッシュ・弐号機


拝啓、八田君ごぶさたしております

笹岡迦陵頻(ささおか かりょうびん)です

秋の気配ただようコートダジュールの

カフェで飲むコーヒーは

こんなにもおいしくて

鎌倉はどうですか

何も変わりませんか

私は相変わらずです

猫が見ています

上の文章は「鎌倉/土岐麻子師」からの盗作です

新婚旅行でエーゲ海ミコノスに行った時、半漁人に捕らえられ

ミコノスの半漁人はスターバックスのロゴマークになってるから

君も知ってるよね

初号機の僕は弐号機に改造されてしまいました

時計仕掛けのねじまき鳥クロックムッシュといったところです

僕らはあまりにも無駄な時を過ごしすぎましたね

ここらで僕は時計のネジを巻き戻し

君がUSBメモリーの中で時を過ごすのなら

僕はハガネのゼンマイでアナログの時を生きようと思います

時間は夢を裏切りません

夢も時間の約束をしません

夢は時間の彼方でいつまでも待っていてくれると思います

必ず待っていてくれるようにタイムマシンにお願いします

だから、僕は夢と現実の境目の時まで生きてみようと思います

でも時はしずくのように、砂時計のように、

僕の右腕からぽたりぽたりと

カフェのコーヒーのように海底にドリップされていきます

深海魚のお茶菓子はカッパエビセンなのでしょうか

でも血と悲しい涙と海水は似てるから混ざり合ったら同じ事だね

僕は時々思うのです

子どもの時の夏のドキドキする時間はどこに行ったのかとね

半漁人の話では「夢は朱鷺色をしている」そうです

でもぼくは夢もトキも見たことが無いからわかりません

八田君も夢を見すぎてお腹をこわさないようにしてください

9月の新学期にまた教室で会おうね


シンシアリーユアーズ

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。