2010年08月31日

さよなら黄色いレンガ道

hatter-yellow400.jpg

さよなら黄色いレンガ道


拝啓

笹岡迦陵頻(ささおか かりょうびん)君へ

お手紙ありがとう

もうすっかり太陽光線の角度も弱まり秋風の吹くころとなりましたね

9月の新学期には会えないかもしれません

僕の机には花瓶を置いてください


楽しかった林間学校、林間学校(一同斉唱)

プールでの潜水、潜水(一同斉唱)

キャンプファイアーでの大火事、大火事(一同斉唱)

スイカ割りでの流血、流血(一同斉唱)

バーベキューの爆発、爆発(一同斉唱)


なぜなら僕は黄色いレンガ道を歩いて行くことにしたのです

このブリキの体に

勇気と脳みそとハートを入れてもらって立派なUSBメモリーの体になるために

エメラルダスの星に行くことにしました

このまま夏が終わっても

ぼくらの夏休みは永遠に終わらない

長かった夏も振り返るとたった1秒だった気がします


ああ、もうすぐ銀河鉄道の発車時間です

急がないといけません

ヒグラシがマダカナ、マダカナ、と鳴いています

僕らの人生もこうやって列車を乗り継いで

見えない終着駅まで行く旅みたいなものかもしれないね

なんだか涙が出てきたけれど

きっと銀河鉄道の機関車の煙のせいだと思います

じゃあまた次の蟹の爪暗黒星雲駅から手紙を出します

その時までさようなら

敬具


八田二郎は黄色いレンガ道を全力で走っていった
走りすぎてバッテリーが無くなり
途中でそのまま気を失った



八田二郎ストーリー SEASON 1 完結
(どこが完結なんだ)

 

posted by gokrak108 | Comment(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。